« 【お家で手品】 気圧の不思議!吹いても飛ばない紙 | トップページ | 【日光写真】 桜の花を、日光写真で撮ってみた! »

2012年4月 6日 (金)

【巨大なタマゴ】ダチョウの卵の内側は、どんな風になっているの?

神保町の古本屋さんの店先で、ダチョウの卵を売っていました

「買おうかな」と思ったけれど、我慢して通り過ぎ・・・
でも、どうしてもほしくなって買ってしまいました

残念ながら、中身は入っていません
小さな穴が開いていて、そこから出したみたいです。

大きさは、おもちゃのラグビーボールくらい
表面には、毛穴のような小さな穴がたくさんあります。
この穴は「気孔」と呼ばれ、卵が呼吸するためのものです

Dacho1

Dacho2


びっくりするのはその硬さ。とにかく硬い
爪ではじくとカンカン音が鳴り、爪が痛くなります。

殻の厚さは、2㎜ぐらいありそうです。
ダチョウのヒナがを割るのは、本当に大変そうです

から中をのぞいてみると、写真のように見えました
ヒナはその光を見て、早く外に出ようと
一生懸命に殻を割るのでしょうか

Dacho3

といえば、今週の日曜日はイースターでね。
インターネットで調べてみると、
ダチョウの卵でできたイースターエッグもあるみたいです
ぜひ一度見てみたいです






*********************************

ブログランキングに登録してみました。よかったらぽちっとお願いします!
にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村

|

« 【お家で手品】 気圧の不思議!吹いても飛ばない紙 | トップページ | 【日光写真】 桜の花を、日光写真で撮ってみた! »

身のまわりのサイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【お家で手品】 気圧の不思議!吹いても飛ばない紙 | トップページ | 【日光写真】 桜の花を、日光写真で撮ってみた! »