« 明日はしし座流星群! | トップページ | 香港で発見!面白いiPhoneスピーカー »

2012年11月21日 (水)

どうして瀬戸内地方は雨が少ないの?

娘の地理の試験勉強に付き合っていたら、
瀬戸内気候の特徴が出てきました



瀬戸内は、中国山地四国山地
挟まれているという地理条件によって、
夏冬通して降水量が少ないというもの







もう少し説明すると、
冬は日本海側から吹く季節風が、



中国山地を超えるとき、
山陰地方に雪を降らせ、



夏は太平洋からの季節風
四国山地の影響で、
南四国に雨を降らせ、



そのために、間に挟まれた、
瀬戸内地方は雨が少ないというものです








このことは、私も中学時代に習いました。
でもそのときは、
「瀬戸内地方は雨がすくない」と覚えただけで、



どうして高い山があると、
その手前で雨が降るのか?





とは考えませんでした。
(私だけでしょうか?)






海からの湿った空気は、
高い山を越えようとして空高くに上がり、
そこで冷やされて雨になってしまう。
冬なら雪に。


そして、山を越えた風は、
乾いた風になる。







娘に教えてあげたら、
地理的条件理科的な雨の降るしくみが結びついたようで、
分かりやすかったようです















お天気じっけんセット はこちら。

地球のふしぎセットはこちら。





ネットショップがオープンしました!

Shop_bnr






*弊社商品をお取り扱いいただいているお店*(順不同・敬称略)
日本科学未来館、国立科学博物館、名古屋市科学館、
科学技術館などのミュージアムショップ。
The Study Room、インターネット販売のAmazonなど。

記載の商品は売り切れの場合がございますので、
お店にご確認の上、お出かけください!







*********************************

ブログランキングに登録してみました。よかったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村

|

« 明日はしし座流星群! | トップページ | 香港で発見!面白いiPhoneスピーカー »

身のまわりのサイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日はしし座流星群! | トップページ | 香港で発見!面白いiPhoneスピーカー »