« 朝から雪かき! | トップページ | 【顕微鏡】 さなかのウロコを顕微鏡で見ると? »

2013年1月18日 (金)

【定点観測】 雪はどれぐらいでなくなるの?

月曜日の雪は、久しぶりにすごかったですね。
会社のベランダにも雪が積もりました



この雪がどのように溶けていくのか
時間をおいて
写真を撮ってみました






1月15日10時の様子
Snow201311510





1月15日12時半の様子
Snow20131151230




1月15日15時の様子
Snow201311515




1月16日10時の様子
Snow201311610




1月16日13時半の様子
Snow20131161330




1月16日17時の様子
Snow201311617




1月17日10時の様子
Snow201311710







いつまでの残っているように見えても、
少しずつ溶けていくものですね




このベランダの
は、
日陰にあるので日光は当たりません



街のいたるところにまだ雪が残っているのに、
どうして会社のベランダの雪が早くなくなったのか、、、

とても、不思議です



こんなふうに見ていくと面白いですね














 Facebookで顕微鏡写真を更新中! 










ネットショップがオープンしました!

Shop_bnr






*弊社商品をお取り扱いいただいているお店*(順不同・敬称略)
日本科学未来館、国立科学博物館、名古屋市科学館、
科学技術館などのミュージアムショップ。
The Study Room、インターネット販売のAmazonなど。

記載の商品は売り切れの場合がございますので、
お店にご確認の上、お出かけください!







*********************************

ブログランキングに登録してみました。よかったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村

|

« 朝から雪かき! | トップページ | 【顕微鏡】 さなかのウロコを顕微鏡で見ると? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

身のまわりのサイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝から雪かき! | トップページ | 【顕微鏡】 さなかのウロコを顕微鏡で見ると? »