« 色の科学じっけんセット | トップページ | アイソン彗星 »

2013年10月21日 (月)

トンボ


会社に迷い込んだ赤とんぼを捕まえて、透明ケースにいれて
顕微鏡で観察してみました


1_2




一番見てみたかったのが、複眼


2_2



小さなプツプツしたものがひとつひとつ目で、
トンボの場合、それが1万個以上も集まっています




複眼の見え方は、目がたくさん並んでいても
目の数だけ像が見えるのではなく、
ひとつの像に見えます





広い視野で見えるので、うしろからそっと行って
捕まえようとして逃げられてしまいます。



顕微鏡で覗いていると向こうからも
見られているようです





そしてこちらは、尻尾の先。

3



顕微鏡で見ていると、呼吸に合わせてなのか、
細かく動いていました




観察を終えた後は、もちろん外へ逃がしてあげました





顕微鏡のラインナップはこちら。

5225

 Facebookで顕微鏡写真を更新中!


*弊社商品をお取り扱いいただいているお店*(順不同・敬称略)
日本科学未来館、国立科学博物館、名古屋市科学館、
科学技術館などのミュージアムショップ。
The Study Room、インターネット販売のAmazonなど。



記載の商品は売り切れの場合がございますので、
お店にご確認の上、お出かけください!





*********************************

ブログランキングに登録してみました。よかったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村

|

« 色の科学じっけんセット | トップページ | アイソン彗星 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

身のまわりのサイエンス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 色の科学じっけんセット | トップページ | アイソン彗星 »