« 今からでも間に合う、夏休みの自由研究!! | トップページ | 富士山 »

2015年8月26日 (水)

商品開発の失敗例





会社
では商品開発をしてみたけれど、
どうしても上手くいかず
ボツになった企画があります。



今回ご紹介するのもそのひとつです




これは顕微鏡工業会からの依頼で、




「学校の先生
が、子どもたちが顕微鏡を覗いて
同じものが見えた方が授業がやりやすいので、


マイクロフィルムのプレパラートを

作ってほしい



というものでした






それで、マイクロフィルムを撮影する会社
共同で作ったのが



このフィルムです




P1010573







顕微鏡で見てみると
こんな感じになります






P1010572






カラーフィルムは、粒子が粗くて

顕微鏡で見ると


かえってぼけてしまう
ことが
わかりました。




白黒
フィルムを使えば
きれいに見えるのですが


白黒では・・・







その後もカラーで
何度挑戦
しましたが
本物の標本のように
スッキリ見えない
ので、





結局ボツ
となりました。
残念



でも、その時の勉強したことを
活かして、




下記の顕微鏡セットには

イラストが描かれた



ところで、
マイクロフィルムという
アナログ
なものは
デジタルに変わっていくのだろう
思っていましたが、


そんなことは無いそうです






デジタルデータ
ソフトウエアの変化
ともに
再生できなくなることがあるので







今では必要なものは
アナログデジタルの両方
残すことになっているそうです





*弊社商品をお取り扱いいただいているお店*(順不同・敬称略)
日本科学未来館、国立科学博物館、名古屋市科学館、
科学技術館などのミュージアムショップ。
The Study Room、インターネット販売のAmazonなど。



記載の商品は売り切れの場合がございますので、
お店にご確認の上、お出かけください!





*********************************

ブログランキングに登録してみました。よかったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村

|

« 今からでも間に合う、夏休みの自由研究!! | トップページ | 富士山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

おすすめ情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今からでも間に合う、夏休みの自由研究!! | トップページ | 富士山 »