« 新商品 双眼生物顕微鏡のご紹介 | トップページ | 乳酸菌 »

2018年2月20日 (火)

30年以上前の顕微鏡





探し物eyeをしていたら、

机の引出しから
30年以上前
sign02の顕微鏡が

出てきました
note





4




透明カバーに入った状態は、
全く顕微鏡らしく
ありませんが、



カバーから取り出して
接眼レンズを
のばすと


顕微鏡らしくなります
sign03





1



接眼レンズを
さらに引っ張って
鏡筒を伸ばすと

倍率が大きくなりま
す。




2




この顕微鏡の観察倍率は、
50倍・100倍・300倍・600

4
種類notes



顕微鏡の背面には
プレパラートや
スライドガラスの収納つき
flair





3



日本ならではgood
商品といった感じですhappy01




かなり古いものなので
レンズにホコリなどが
ついてしまって、


あまりきれいに
観察はできないのが

残念です...
catface




長い間、
顕微鏡に携わっていると


おもしろい物
shine
出会うことがあるものですwink





*弊社商品をお取り扱いいただいているお店*(順不同・敬称略)
日本科学未来館、国立科学博物館、名古屋市科学館、
科学技術館などのミュージアムショップ。
The Study Room、インターネット販売のAmazonなど。



記載の商品は売り切れの場合がございますので、
お店にご確認の上、お出かけください!





*********************************

ブログランキングに登録してみました。よかったらぽちっとお願いします!

にほんブログ村 教育ブログ 理科教育へ
にほんブログ村
 

|

« 新商品 双眼生物顕微鏡のご紹介 | トップページ | 乳酸菌 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新商品 双眼生物顕微鏡のご紹介 | トップページ | 乳酸菌 »